バスガイドのお仕事

強盗殺人容疑で上田被告を再逮捕 鳥取連続不審死(産経新聞)

 鳥取の連続不審死で県警鳥取署捜査本部は3日、同県若桜町のトラック運転手、矢部和実さん=当時(47)=を殺害し借金の返済を免れたとして、強盗殺人の疑いで、鳥取市の元スナック従業員、上田美由紀被告(36)=別の強盗殺人罪で起訴=を再逮捕した。事件は連続殺人に発展。捜査本部は、上田容疑者の周辺で相次いだ男性の不審死について全容解明を進める。

 再逮捕容疑は昨年4月4日、270万円の返済を求めていた矢部さんに睡眠導入剤を飲ませた上で、同県北栄町の海岸でおぼれさせて殺害、返済を免れたとしている。捜査関係者によると、上田容疑者は再逮捕容疑を否認しているという。 矢部さんは同月11日、北栄町沖の日本海で遺体で発見。司法解剖の結果、死因は水死だった。遺体からは睡眠導入剤の成分が検出され、上田容疑者が所持していたものと一致した。

【関連記事】
鳥取連続不審死 強盗殺人罪で上田容疑者を起訴 鳥取地検
鳥取連続不審死 18日にも別の強殺容疑で再逮捕へ
鳥取連続不審死 運転手死亡めぐり海岸捜索
鳥取連続不審死 異変当時に通話記録
犯行防げず…県警の捜査は適切だったのか 鳥取連続不審死
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

地域でずらして春秋5連休を=休暇分散化で政府案−観光本部(時事通信)
里見女流名人初の“コスプレ”一日消防署長(スポーツ報知)
羽田空港 濃霧で82便欠航…2万人超に影響(毎日新聞)
母の遺体自宅に放置、会社員逮捕=「年金もらえなくなる」−兵庫県警(時事通信)
大西洋クロマグロ、ワシントン条約で禁輸の危機(読売新聞)
[PR]
by hdkjk5bkw4 | 2010-03-06 22:48
<< 元内科医長の実刑確定へ=アジ化... 富山大入試で出題ミス=医、薬学... >>