バスガイドのお仕事

元内科医長の実刑確定へ=アジ化ナトリウム混入−最高裁(時事通信)

 京都市の国立療養所(現国立病院機構)宇多野病院で1998年、ポットに毒物のアジ化ナトリウムが入れられた事件で、傷害罪などに問われた元内科医長、石田博被告(53)について、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は1日付で、被告側上告を棄却する決定をした。懲役1年4月の実刑判決が確定する。
 一審京都地裁は「警察官が脅迫した」として捜査段階の自白の任意性を否定し、無罪を言い渡したが、二審大阪高裁が破棄して地裁に差し戻し、最高裁も上告を棄却。差し戻し審は状況証拠などから石田被告の犯行と認定し、2度目の控訴審も支持していた。 

【関連ニュース】
弁護士に逆転有罪=証人威迫の差し戻し審
元女性職員に逆転無罪=証言の信用性否定
二審は殺人の共謀を認定=組長に懲役17年
明石砂浜陥没、差し戻し確定へ=「事故予測できた」
運転手の逆転有罪確定へ=無呼吸症候群認めず

船形山遭難 3日早朝に「みんな元気」 不明者から電話(毎日新聞)
<法人税法違反>舟木一夫さんファンの会社社長に有罪判決(毎日新聞)
薬価改定影響率、最高は大日本住友の9%強(医療介護CBニュース)
割引財源で高速道建設=使途拡大で改正法案−国交省(時事通信)
防災無線一部で放送できず=更新アンテナ取り違え−高知(時事通信)
[PR]
by hdkjk5bkw4 | 2010-03-08 17:16
<< <北教組事件>小林議員地元入り... 強盗殺人容疑で上田被告を再逮捕... >>