バスガイドのお仕事

<北教組事件>小林議員地元入り 進退「確認のうえで判断」(毎日新聞)

 北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件で、民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=は6日、陣営の会計責任者らが逮捕されてから初めて地元入りした。江別市内の後援会事務所で記者会見した小林氏は進退について、「起訴内容を確認したうえで判断したい」と述べるにとどまった。

 小林氏は地元の民主党道議らと今後の対応を打ち合わせた後、記者団の質問に応じた。北教組側からの資金提供については「まったく聞いていなかった」と釈明。会計責任者らへの監督責任については「道義的責任、政治家としての責任はあると思う」と述べた。【久野華代】

【関連ニュース】
北教組事件:参院選への影響「ないと言えぬ」連合会長
北教組事件:会計書類一部処分か 地検が捜索、見つからず
北教組事件:木村容疑者「個人的にお願いした資金」と供述
北教組事件:小林議員が陳謝 会計責任者など4人逮捕で
北教組事件:書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか

自民、離党届け出の松田氏を除名へ 大島氏「私利、私益」(産経新聞)
首相「国民欺かない」 参院予算審議スタート(産経新聞)
ひったくり男、マラソン趣味・非番の警部が逮捕(読売新聞)
生き埋め 工事中1人死亡 岐阜・各務原 (毎日新聞)
「連休前に総裁は決断を」 自民・河野氏が執行部一新を要求(産経新聞)
[PR]
by hdkjk5bkw4 | 2010-03-10 02:13
<< 割引財源で高速道建設=使途拡大... 元内科医長の実刑確定へ=アジ化... >>