バスガイドのお仕事

無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」−札幌地裁(時事通信)

 札幌市で会社員丹波幹雄さん=当時(52)=を刺殺したとして、殺人罪などに問われた元暴力団組員影山克也被告(44)の裁判員裁判で、札幌地裁(井上豊裁判長)は15日、無期懲役の求刑に対し、懲役20年の判決を言い渡した。
 判決は、影山被告が丹波さんとの交通事故の民事裁判の判決に納得せず、話し合うため丹波さんに会ったと認定。殺害目的で会ったとする検察側主張を退け、「同種事案との均衡や計画的犯行でないことに照らすと、無期懲役を科すべきではない」とした。
 審理は13日からで、15日午前11時すぎに結審。その後、裁判員と裁判官で評議をし、判決言い渡しは午後5時半ごろだった。30代の女性裁判員経験者は記者会見で「もう少し話し合う時間があってもいいかなと感じた」と述べた。
 判決によると、影山被告は昨年6月、札幌市厚別区のマンション駐車場で丹波さんの胸などを出刃包丁で10回刺し、殺害した。
 札幌地検の米村俊郎次席検事の話 裁判員の理解を得るべく最大限の努力をしたが、量刑が求刑を下回った。判決内容を検討し適切に対応する。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
被害者遺族、情報求め資料配布=発生から3年、京都精華大生殺人
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及
荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」

在宅酸素療法中の火災27件=26人死亡、半数超は喫煙原因−厚労省(時事通信)
「他人のカネだから?」「まあ…」思わず相づち打った元西松部長(産経新聞)
2年連続赤字の予算案 NHK経営委員会が議決(産経新聞)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁(産経新聞)
[PR]
by hdkjk5bkw4 | 2010-01-21 18:07
<< 「小沢氏、幹事長とどまれば批判... <石川議員逮捕>失職恐れる 否... >>