バスガイドのお仕事

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

後発品の説明「受けたことがない」が6割(医療介護CBニュース)

 神奈川県はこのほど、「ジェネリック医薬品(後発医薬品)に係るアンケート」の結果を公表した。後発品については、保険医が投薬時に使用を考慮する努力義務や、先発品から変更可能な処方せんを持参した患者に対する保険薬剤師の説明義務などがあり、使用促進が図られているが、調査結果によると、医療機関や薬局で後発品の説明を受けた経験がない人が61%に上っている。

 調査は昨年12月24日から今年2月1日にかけてインターネット上で実施。神奈川県の「e-かなフレンズ」に登録した一般市民502人から回答を得た。

 2008年度の診療報酬改定では、▽保険医には、投薬等を行うに当たって後発品の使用を考慮する努力義務▽保険薬局には、後発品の備蓄に関する体制その他の後発品の調剤に必要な体制の確保の努力義務▽保険薬剤師には、後発品への変更可能な処方せんを持参した患者に対する後発品に関する説明義務及び調剤の努力義務―があることが、厚生労働省の療養担当規則などに規定された。
 また、処方医が後発品に変更することに差し支えがあると判断した場合、「後発医薬品への変更不可」欄に署名などをするよう処方せん様式を変更し、署名がない処方せんを受け付けた薬局の薬剤師は、処方医に確認することなく、患者の選択に基づいて後発品に変更し、調剤できることとされた。

 調査結果によると、これまで後発品の説明を受けたことがあるかを複数回答で聞いたところ、「説明を受けたことがない」が61%と半数を超えた。以下は、「調剤を受けた薬局の薬剤師から説明を受けたことがある」(25%)、「医療機関の医師から説明を受けたことがある」(13%)、「医療機関の薬剤師から説明を受けたことがある」(9%)と続いた。

 先発品と後発品のどちらを希望するかについては、「医師や薬剤師の判断に従う」が50%で最も多かった。ただ、後発品とした人が34%で、先発品(7%)の5倍近くに上った。
 さらに、後発品を選んだ理由を複数回答で聞いたところ、「経済性(支払いが安価)を考えたため」が94%で最も多く、「先発医薬品と効果等が変わらないため」(59%)がこれに次いだ。一方、先発品を選んだ理由については、「先発医薬品を使い慣れているため(安心感がある)」が63%で最多で、「ジェネリック医薬品(後発医薬品)でも期待するほど安価にならないため」(27%)がこれに次いだ。

 また、後発品を希望する人に、医師や薬剤師に希望を積極的に伝えているかを聞いた質問では、「伝えていない」(66%)が「伝えている」(33%)を大きく上回った。さらに、「伝えている」とした人に、実際に先発品から変更されたかを聞いたところ、「変更になった」が50%で、「変更にならなかった」は17%だった。


【関連記事】
【中医協】「後発医薬品使用体制加算」の新設を了承
後発品使用促進で見解−中医協受け日医
【中医協】後発品数量ベースで25%以上の薬局を重点評価
後発品市場は年6−9%の成長率で推移―富士経済
新たな後発品を続々発売−薬価収載でメーカー各社

【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(2)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
運転のブラジル人、公開手配=フリーダイヤルも設置−名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
<泉鏡花>「摩耶夫人像」遺族が松竹に寄贈(毎日新聞)
「被害届出さない」明記=示談書提出される−朝青龍暴行問題で警視庁に(時事通信)
7階ベランダから転落? 小2男児死亡 千葉(産経新聞)
[PR]
by hdkjk5bkw4 | 2010-02-06 13:13

<雅子さま>病状の見解、東宮職医師団発表(毎日新聞)

 皇太子妃雅子さまの病状に関して東宮職医師団が5日発表した見解は次の通り。

     ◇

 宮内庁の依頼を受けた東宮職医師団が皇太子妃殿下のご病気ご治療に携わり始めた04年6月から、5年半が経過しました。妃殿下におかれましては、この間に、着実にご快復に向かわれております。これは、ご本人の並々ならぬご努力はもちろんのことですが、皇太子殿下のしっかりとしたお支えのもと、天皇、皇后両陛下をはじめとして多くの皆さまのご協力によるところが大きいものであります。東宮職医師団としては、この機会に、ご治療経過について包括的な説明を行うとともに、長期的な視野に立っての展望についても言及したいと考えます。その関連で、東宮職医師団は、今回の東宮職医師団見解の発表が予定より大きく遅れましたことをおわび申し上げます。

 1 これまでのご治療と経過

 (1)ご病名の確定とご治療の開始

 東宮職医師団は、妃殿下のご病状を、アメリカ精神医学会の公的な診断分類である「DSM−4精神疾患の診断・統計マニュアル」に基づいて「適応障害(不安と抑うつ気分の混合を伴うもの、慢性)」と診断いたしました。これは、大うつ病性障害(いわゆる「うつ病」)をはじめとする気分障害の診断基準を満たさず、複数の明らかなストレス要因が発症の契機として認められたことから診断したもので、ストレスの軽減を目的とした環境調整と精神療法、そして少量の薬物療法を使って治療を開始しました。

 一部には、「適応障害」が大うつ病性障害と比較して軽症であるかのような誤解に基づいた意見が出されたこともありましたが、ご病状の発表に使用しましたDSM−4の1軸診断(精神疾患名の診断)は症状の程度を表すものではなく、あくまでも症状に基づく分類の診断です。当時の妃殿下のご病状の程度は、精神的・身体的エネルギーが低下されてお住まいからお出になることもできないほどに深刻なものでした。そうしたご病状に関しまして、東宮職医師団は、妃殿下の受けてこられたストレスが大きいことによるものと判断しました。

 (2)これまでのご治療の経過

 (イ)皇太子妃殿下が5年半前とは比べられないほどに良くなられた背景として、まず、妃殿下が、元々精神的な健康度が非常に高くていらっしゃる上に、ご快復に向けて驚くほど努力され工夫されたことが挙げられます。また、何かにつけご相談をされている皇太子殿下が一貫して温かく支えてくださっていることや、愛子内親王殿下との愛情あふれる触れ合いがおありになることも大きな力になっています。妃殿下は、愛子内親王殿下が毎日を安心して楽しくお過ごしになれるように心を砕いておられ、内親王殿下が健やかに成長されていることが大きな喜びになっていらっしゃるようにお見受けします。

 (ロ)妃殿下は、精神的に余裕が出てこられ、ストレスを感じ悩まれることがおありになっても、比較的早く立ち直られるようになっていらっしゃいます。その結果、公私を問わずご活動の幅が広がってこられ、ご公務へのご出席も徐々に増えてこられました。昨年には、天皇、皇后両陛下のお祝いの諸行事への出席がかなわれ、1月には、神戸での阪神淡路大震災の15周年追悼式典にも出席することがおできになりました。こうした大切な行事へのご出席は、事前のご体調の調整を含め、さまざまなご準備に大変なご努力を必要とされますが、その一方で、妃殿下にとって心の力を取り戻すご体験になっているものと拝察しております。この他、国連大学でのご聴講に加え、児童福祉施設文化祭や児童養護施設へのご訪問、小児科病棟での動物介在活動への飼い犬の参加のお手伝いなど、妃殿下が常々心を寄せられている社会や人の役に立つご活動が徐々に可能になってきていらっしゃいますが、これは妃殿下のご治療にとっても役立つものであります。

 (ハ)妃殿下がご自身のご活動に自信を回復されるようになるためには、安心してご活動いただける環境も重要です。環境に関して、東宮職医師団は、妃殿下が過去に、私的なお楽しみよりもご公務などのお仕事を優先されてこられたために、意識されないうちに心理的な閉塞(へいそく)感を強く感じられるようになられた面があると考えました。また、妃殿下には、お立場上自由な外出がかなわないために必然的に情報遮断や感覚遮断の状態になられ、それ自体がストレスになるだけでなく、ストレスに対する抵抗力を弱めることになったとも考えました。こうしたことから、妃殿下には、人目に気を使わずにお出ましになれるような環境の中で、気力や体力の充実につながるような私的活動を増やしていっていただくことが重要だと考えてお勧めしてまいりました。その過程で、公私にかかわらず、妃殿下のご活動の場面で報道関係の皆様にもお願いをしてご協力いただいてまいりましたが、今後ともぜひご理解とご協力をいただければありがたいと考えております。

 (ニ)安心できる環境作りは、妃殿下のご活動とご生活のすべての側面にかかわることであり、その意味で多くの関係者の協力を必要とします。とくに、妃殿下を直接にお支えする東宮職の体制についてはいろいろな角度から体制の見直しの必要性を指摘させていただき、多くの改善が見られ、それらが妃殿下のご快復に役だっております。しかしながら、数多くある東宮御所内の日々のご負担を軽減できるような仕事の効率化など、さらなる改善が必要なところも残っており、ご検討いただいているところです。

 2 今後の展望

 (イ)妃殿下のご快復はずいぶん進んでおりますが、なおご体調には波がおありで、ご活動のご準備に大きなご努力が必要であったり、ご活動の後に疲れがお出になったりするなど、いろいろなご活動を続けてはまだおできにならない状態にいらっしゃいます。また、ご自身は努力しようとされても思うようにいかないこともありますし、無理をされてかえってご体調を崩されることもあります。そのようなときにも、周囲の方々のご理解と支援はとても重要です。一般に、患者さんが治療に取り組み、それが実を結びつつあるときには、できていないことではなく、小さなことでもできたこと、あるいは努力していることが認めてもらえるような、安心できる温かい環境が不可欠です。妃殿下のご治療に関しましても、ぜひ、その点を皆様にご理解いただければと考えます。

 (ロ)妃殿下をお支えする方々には、今後のご活動の適正な配分に関しても慎重にご検討いただきたいと考えております。妃殿下は、何事にも心を込めて取り組んでいらっしゃいました。ご公務はもちろん、育児などご家庭内のことや、東宮御所内でのお仕事など、なさらないといけないことがたくさんおありになるなかで、できるだけ多くの要請に応えようとして、お疲れを表に出さずに無理をされる場面が少なからず見受けられます。しかも、こうしたご活動を複合的に行われることは、現在の妃殿下のご体調ではご負担の大きいものです。従いまして、今後は、こうしたご活動を適正に配分してご負担を軽減していただくことが、さらなるご快復のために重要になってくると考えております。

 (ハ)まずご公務ですが、妃殿下は、ご公務への復帰に向けて今後とも努力されることになると思います。その際に、ご快復が進むにつれてご公務を行われることへの期待もより大きくなるものと考えられますが、それが妃殿下にとって過分のご負担とならないような配慮が必要です。また、ライフワークとなり得るご活動を行われることは、大きな自信につながるものであり、心の健康を保つためにも重要なものですが、そうしたご活動を見つけていかれるためには十分な余裕と時間が必要です。従いまして、今後は、十分に時間をかけながらライフワークにつながる可能性のあるご活動を見つけられることにも力を注いでいただきたいと考えております。

 (ニ)妃殿下の海外へのお出かけに関して若干触れておきたいと思います。東宮職医師団としましては、公式の日程がお続きになる海外公式ご訪問は、妃殿下にはご負担が大き過ぎると考えております。従いまして、将来的に海外ご訪問をご検討いただく場合には、ご負担が少なく期間も長くない私的なご訪問をまず検討していただくことが望ましく、ご治療の面からも効果的であると考えております。

 (ホ)妃殿下には、育児を中心としたご家庭の中の役割も重要です。妃殿下はご家庭をことのほか大切に考えられ、皇太子殿下や愛子内親王殿下とご一緒の時間を大切になさっていらっしゃいます。また、皇太子殿下が安心してご公務に励まれるように、そして愛子内親王殿下が健やかに育たれるように、いわば裏方としてずいぶん多くの時間を使っていらっしゃいます。皇太子殿下のお仕事のお手伝いや育児のご相談、愛子内親王殿下の学校行事や勉強のお手伝い、三殿下でのだんらんなどの家庭的なご活動は皇太子殿下、愛子内親王殿下にとりましてもとても大きな意味を持つもので、これからもぜひ大切にしていっていただきたいと考えております。

 (へ)愛子内親王殿下のご成長やお友達との交流の広がりをご覧になることは、妃殿下にとって喜びであるとともに、心の癒やしにもなっています。これまで東宮御所内やこどもの城、さらには学習院幼稚園や初等科での愛子内親王殿下のご活動やお友達との交流の広がりは、愛子内親王殿下の成長に大きな助けとなってきました。そして、それを見守り手助けされることが妃殿下のお心の支えになってきています。またこれまで、内親王殿下の先生方やお友達のお母様方が妃殿下と温かく自然に接していただいてきていることも、妃殿下にとり大きな力になっています。妃殿下は、こうした温かい人間的な触れあいをとても大切に思われて心から感謝されていらっしゃるご様子であり、このことがご快復に向けての大きな力になってきていることからも、ぜひこうしたご活動を大切にしていっていただきたいと考えております。また、人間的な触れあいという意味で、国民の皆様が温かい目で見守ってくださっていることも妃殿下のお心の支えとなっていると拝察しております。

 (ト)妃殿下ご自身のご友人との交流も、妃殿下のお心の健康にとりまして、とても大切です。東宮職医師団は、妃殿下が、皇太子妃というお立場もあって自由にご友人にお会いになる機会が少なくなっていたことも心のバランスを崩される一因になっていたと考え、そのような交流を増やし発展させていっていただくようにお勧めしてまいりましたが、今後もそうしたご関係を大切にしていっていただきたいと考えております。

 (チ)運動など体を動かされるご活動を通してご体調を整えられ、気力や体力の充実をはかっていただくことも大切ですので、そうしたご活動をこれまでのように続けていっていただければと考えております。

 妃殿下は、皇太子妃としての立場や責任の重さを深く認識されていて、復帰のために懸命に努力され、ご治療開始以降、長い目で見ますと、ご病状は大きく改善してきていらっしゃいます。ただ、これまでのストレス状況やご闘病が長期にわたっていらっしゃることを考えますと、ご活動の幅を更に大きく広げていただくまでには、さらなる時間が必要であると考えられます。

 従いまして、妃殿下には決して焦られることなく、現在のご活動を時間をかけて着実に継続していっていただきたいと考えております。その過程では、妃殿下が一つ一つ努力され、工夫され、試行錯誤を繰り返される場面もあるかと思いますが、これはご快復に向けてのご治療を進めていく上で必要なものでもあります。国民の皆様におかれましては、こうした治療上の配慮と、前向きにかつ真摯(しんし)に努力しようとされている妃殿下のお気持ちをぜひご理解いただき、引き続き長い目で温かく見守っていただくようご協力をお願い申し上げます。

【関連ニュース】
雅子さま:「着実に快復」 東宮職医師団が見解

<アセス>計画段階から実施 中環審専門委(毎日新聞)
<身体拘束>賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決(毎日新聞)
川内原発で感電、3人重傷=点検作業中−鹿児島(時事通信)
答申後に意見書提出へ−診療報酬改定で日病協(医療介護CBニュース)
秋葉原無差別殺傷事件きょう初公判 争点は責任能力(産経新聞)
[PR]
by hdkjk5bkw4 | 2010-02-05 17:36

木嶋被告二つの顔、偽肩書で「婚活」…連続不審死(読売新聞)

 連続不審死事件で1日、交際相手を「練炭自殺に見せかけて殺害した」として、木嶋佳苗被告(35)が殺人容疑で逮捕された。

 詐欺の疑いで昨年9月に逮捕されて130日目。7度目の逮捕となる。木嶋被告を知る人たちは「礼儀正しく、控えめ」と日頃の姿と事件の隔たりに戸惑う。一方、「ピアノ講師」「フードコーディネーター」の肩書はウソで、インターネット「婚活」サイトなどで独身男性と交際し、現金をだまし取ったとされる。

 木嶋被告は昨年8月までの約3年間、東京都板橋区にあるマンションに1人で住んでいた。殺害された交際相手の大出嘉之さん(当時41歳)が最後の夕食を取ったのはこの部屋。木嶋被告の手料理のビーフシチューを食べた半日後、埼玉県富士見市の駐車場に止められたレンタカーの中で、遺体で発見された。

 マンション管理会社の社長は、「(木嶋被告は)化粧やアクセサリーは控えめ。体形を隠すようなゆったりした黒いワンピースをよく着ていた。入居時に『仕事は出張音楽講師でピアノを教えている』と説明していた」と話し、悪い印象はない。

 月約13万円の家賃はきちんと納めた。あいさつすると、いつも会釈を返した。1年前のバレンタインデーに贈られた手作りクッキーはプロ顔負けの味。「フードコーディネーターになった。お菓子作りの教室を開きたい」とはにかんだという。

 木嶋被告はこの頃、3か月間で受講料70万円のフランス料理の学校に通い始め、所有するドイツ製外車を同じメーカーの上級クラスに買い替えていた。社長が、ピアノ講師などの肩書が虚偽だと知ったのは事件発覚後。「礼儀正しいし、人をだますようにも見えなかったのだが……」と首をひねる。

          ◇

 木嶋被告は北海道東部の別海町に生まれた。近所の人は「おとなしい」「弟と2人の妹の面倒をよくみていた」と口をそろえるが、高校卒業まで交友があった主婦(34)は「大人びていて、ほかの生徒とは違った」と語る。

 高校は進学コースに在籍したが、選んだのは都内の大手ファストフード会社。1993年3月に上京したが、ほとんど働かずに退社し、96年に入学した都内の私立大経営学部の夜間も、学費未納で1年で除籍になっている。

 木嶋被告はその後、目黒区で暮らし、ネットオークションにウソの出品情報を出して10万円をだまし取ったとして、03年3月、警視庁に逮捕された。有罪判決を受けたが、周辺に「疑いが晴れた」と語っていた。

 一方、木嶋被告は、料理や結婚観などを書き込む自分のブログを作っていた。

 埼玉、千葉県警の調べで、木嶋被告は、大出さんら不審死した男性をはじめ、独身や高齢の男性とサイトを通じて知り合いになり、総額1億円以上を手にしたことが判明。いずれも「結婚したら尽くします」「しっかり介護できます」と近づいていた。途中でだまされていると気付いた男性は、ほとんどいなかったという。

天王寺動物園 天王寺蕪を収穫 ゾウの糞肥料に 大阪(毎日新聞)
「とんでもないことだ」外国人参政権反対集会(産経新聞)
ほかにも3人不審死 木島容疑者の関与を慎重に捜査(産経新聞)
公約通りの実現に努力=子ども手当満額支給で−鳩山首相(時事通信)
元タクシー運転手を殺人で再逮捕 警視庁 (産経新聞)
[PR]
by hdkjk5bkw4 | 2010-02-04 17:39

私立高授業料支援、拡大を検討へ=高校間の競争促進も−橋下大阪知事(時事通信)

 大阪府の橋下徹知事は2日、私立高校の実質授業料無償化を目的に2010年度から府独自に実施する予定の保護者支援について、11年度には年間所得680万円以下の世帯まで拡大する考えを明らかにした。公立、私立を問わず高校全体の競争を促す狙いもあり、結果的に受験者数が減った公立高校は廃止も検討するなどのルールづくりも進めるという。6日の就任2年を前に報道各社とのインタビューで語った。 

【関連ニュース】
「国民の声が解決の鍵」=拉致家族ら集会で訴え
ワッハ上方、移転見送り=吉本興業が運営へ
訪問販売、規制強化を検討=橋下大阪知事と会談
伊丹の将来需要見込めず=大阪府知事が意見
伊丹は縮小して存続=前原国交相が関空視察

「現行案がベスト」普天間移設で駐日米大使(産経新聞)
精子をマウス体内で成熟=子豚が初誕生、品種改良に応用へ−農業生物資源研と麻布大(時事通信)
オフィス街も真っ白に…東京都心に今冬初の積雪(読売新聞)
中2女子が教室に包丁、教師が説得し取り上げる(読売新聞)
普天間「残り4か月で決着」シナリオに暗雲(読売新聞)
[PR]
by hdkjk5bkw4 | 2010-02-03 17:35

普天間移設 与党視察に戸惑う自治体「負担軽減は理解…」(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を巡り、鳩山由紀夫首相は「5月までに具体的な移設先を決定する」と明言し、政府・与党が移設先の検討を進めている。すでに与党議員の視察を受けた自治体は「沖縄の負担軽減は理解できる」としつつも「受け入れられない」と、総論賛成・各論反対の反応が目立つ。自衛隊基地がある各自治体にも戸惑いが広がっている。

 沖縄の負担軽減の議論に火を付けたのは、橋下徹・大阪府知事。「沖縄には地上戦で多大な負担をかけた。本州の人間は配慮しなければ」と述べ、関西国際空港などへの受け入れ議論を拒否しない姿勢を見せた。

 全国の米軍専用施設の74%が集中する沖縄の負担軽減については、与党の国会議員らの視察を受けた自治体も理解を示す。海上自衛隊大村航空基地のある長崎県大村市の松本崇市長は「沖縄に基地が集中するのは、一般論として当然おかしい」と語り、米海軍佐世保基地を抱える同県佐世保市の末竹健志副市長も「一応は理解できる」と述べた。

 しかし、政府・与党から正式な打診があった場合の対応は「受け入れられない。すでに基地周辺で騒音問題があり、市民感情を考慮すると考えられない」(松本・大村市長)▽「(受け入れの考えは)今のところない」(末竹・佐世保副市長)といずれも否定的。

 同じく与党議員が視察した佐賀空港のある佐賀県の古川康知事は「今の段階で言うことはない」。山口県岩国市の福田良彦市長は、米海兵隊岩国基地が普天間の空中給油機と厚木基地(神奈川県)の空母艦載機部隊の移転先になっている点に触れ「これ以上は到底容認できない。米軍再編を見直すなら、まず政府が統一的な見解を出すべきだ」と話した。

 鹿児島県の徳之島は、与党議員が25日に打診したばかり。地元3町は反対で一致し「農業立島、エコの島を目指しており、基地は必要ない」と明確に拒否。候補地と一部で報道された離島・馬毛島のある同県西之表市も、移設反対の文書を既に国に送った。

 また、空自や海自の基地がある各自治体も、今後の政府の動きを注視する。宮崎県新富町の土屋良文町長は「国がまず方向性を打ち出してから。ここは反対しており、来ないと思う」。福岡県築上町企画振興課は「米軍訓練の一部移転を受け入れており、さらなる負担は考えていない」と拒否反応が目立つ。

 一方、福岡県芦屋町の波多野茂丸町長は「仮に話があれば、門前払いはしない。議会の意見を聞くほか、住民投票も考えたい」と話し、海上空港である北九州空港がある北九州市の北橋健治市長は「仮定の話には答えようがない。政府から何か提案があるのであれば、その時点でまずは提案を聞かせてもらう」と答えた。【まとめ・井本義親】

  ◇「嘉手納統合案」首長ら反対表明            

 国民新党の下地幹郎政調会長(沖縄1区)は30日、米軍普天間飛行場の嘉手納基地統合案を政府・与党の検討委員会に提案する考えを、嘉手納基地を抱える沖縄市、北谷(ちゃたん)町、嘉手納町の首長と議長に説明した。嘉手納の騒音低減策とセットでの提案だが、首長らは改めて反対を表明した。

 北谷町役場で会談した。下地氏は▽嘉手納基地のF15戦闘機28機を米軍三沢基地に移転▽他基地から嘉手納に来る「外来機」の訓練は大阪府の関西空港で実施−−という騒音低減策で地元の理解を得たうえで、普天間を嘉手納に統合すると説明。国民新党として、この案など2案を検討委に提案する意向を示した。もう1案については説明はなかった。

 これに対し、嘉手納町の宮城篤実(とくじつ)町長らは「仮に28機が三沢に移っても、残るF15が訓練するので騒音は変わらない。統合は何があっても受け入れられない」と拒否した。【三森輝久】

【関連ニュース】
普天間移設:総辞職覚悟で選定を 民主・海江田氏
岡田外相:「日米同盟深化させる」 外交演説で強調へ
沖縄連絡室:内閣官房に設置 普天間などで情報交換緊密化
鳩山首相:普天間継続使用を否定
普天間移設:額賀元防衛庁長官、駐日米大使と意見交換

新銀行東京 旧経営陣に5億円損害賠償請求へ(産経新聞)
「たたかれて政治家成長」中曽根氏、首相を激励(読売新聞)
自殺防止の対策チームを新設へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
失業率5.1%、0.1ポイント改善=求人倍率は4カ月連続改善−12月(時事通信)
充電器マルチ NPO運営、信用高める 逮捕の幹部ら 被災者支援PR(産経新聞)
[PR]
by hdkjk5bkw4 | 2010-02-02 21:22

牛肉のおいしさ、撮影だけで測定=岐阜県情報技術研など開発(時事通信)

 岐阜県情報技術研究所と同県畜産研究所は29日、牛肉のおいしさをカメラで撮影するだけで素早く測定する装置を開発したと発表した。
 両研究所によると、牛肉のおいしさには、口溶けや香りに影響を与える脂質とされるオレイン酸の量が関係し、多いほどおいしさが増す。オレイン酸の量を測定することで、おいしさを客観的に評価することができる。
 従来、オレイン酸の量を測定するには、牛肉をミンチ状にして分析装置にかける必要があった。しかし結果が分かるまで6時間以上かかる上、専門家でなければ装置を扱えないなどの問題があった。
 新装置は、甘み成分に反射する近赤外光を肉に当て、特殊なフィルターを使ってカメラで撮影。光の反射の度合いによってオレイン酸の量を測定する。牛肉は切り身のままで、簡単な操作で測定が可能という。 

かずさアカデミアパーク 経営が破綻 千葉県も出資(毎日新聞)
テレ朝が業績予想を上方修正 10年3月期、スポット広告が好調(産経新聞)
一票の格差 2倍超また「違憲」 広島高裁 国会、対応迫られる(産経新聞)
「自民なら即刻退陣」 小泉元首相、民主を痛烈批判(産経新聞)
普天間移設 候補地、政府内で徳之島が浮上(毎日新聞)
[PR]
by hdkjk5bkw4 | 2010-02-01 21:05