バスガイドのお仕事

無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」−札幌地裁(時事通信)

 札幌市で会社員丹波幹雄さん=当時(52)=を刺殺したとして、殺人罪などに問われた元暴力団組員影山克也被告(44)の裁判員裁判で、札幌地裁(井上豊裁判長)は15日、無期懲役の求刑に対し、懲役20年の判決を言い渡した。
 判決は、影山被告が丹波さんとの交通事故の民事裁判の判決に納得せず、話し合うため丹波さんに会ったと認定。殺害目的で会ったとする検察側主張を退け、「同種事案との均衡や計画的犯行でないことに照らすと、無期懲役を科すべきではない」とした。
 審理は13日からで、15日午前11時すぎに結審。その後、裁判員と裁判官で評議をし、判決言い渡しは午後5時半ごろだった。30代の女性裁判員経験者は記者会見で「もう少し話し合う時間があってもいいかなと感じた」と述べた。
 判決によると、影山被告は昨年6月、札幌市厚別区のマンション駐車場で丹波さんの胸などを出刃包丁で10回刺し、殺害した。
 札幌地検の米村俊郎次席検事の話 裁判員の理解を得るべく最大限の努力をしたが、量刑が求刑を下回った。判決内容を検討し適切に対応する。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
被害者遺族、情報求め資料配布=発生から3年、京都精華大生殺人
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及
荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」

在宅酸素療法中の火災27件=26人死亡、半数超は喫煙原因−厚労省(時事通信)
「他人のカネだから?」「まあ…」思わず相づち打った元西松部長(産経新聞)
2年連続赤字の予算案 NHK経営委員会が議決(産経新聞)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁(産経新聞)
[PR]
# by hdkjk5bkw4 | 2010-01-21 18:07

<石川議員逮捕>失職恐れる 否認理由漏らす(毎日新聞)

 「陸山会」の土地購入事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=が、最近になって容疑を認めるまで否認していた理由を「公民権停止になり議員資格を失いたくなかった」と周囲に漏らしていることが分かった。また「土地購入に充てた4億円が小沢さんの手持ち資金と分かるような記載はしたくなかったため借入金の形をとった」と述べていることも判明した。

 石川議員は陸山会の事務担当者だった04年10月上旬、小沢氏の手持ち資金から現金4億円を受領。数千万円ずつに小分けして複数の陸山会関係の口座に入れた後、同会の1口座に集約して、東京都世田谷区の土地購入費に充てたが、収支報告書に記載しなかったなどとして逮捕された。

 一方で、陸山会などが保有する金で4億円の定期預金を組み、これを担保に小沢氏名義で4億円の融資を金融機関から受け、この4億円を小沢氏からの借入金として収支報告書に記載している。

 最初の現金4億円を収支報告書に記載しなかった理由について、石川議員はこれまで「記載ミス」などとあいまいな説明に終始してきたとされる。昨年暮れ、東京地検特捜部による最初の聴取が行われる直前に、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件で元政策秘書が同法違反で略式起訴され公民権停止となったことなどから、認めて罪が確定すると議員バッジを失うことを懸念したためという。政治資金規正法では有罪が確定した場合に原則として公民権が一定期間停止され、議員の場合は失職する。

 しかし13日以降の聴取で「小沢さんのお金と分かるような記載はしたくなかったため借入金の形をとった」と述べ、一転して意図的な虚偽記載を認めたとされる。4億円を数千万円ずつ分けた理由は「一度に4億円もの大金を動かすと目立つため」と説明しているという。一方で4億円の原資は「知らない」と、小沢氏の関与なども否定しているという。

 特捜部は4億円の原資を「水谷建設」(三重県桑名市)などゼネコンからの裏献金だった可能性があるとみて石川議員を追及するとみられる。

【関連ニュース】
石川議員逮捕:報道陣を規制 民主党大会
小沢幹事長:続投の意向 党務を一時輿石氏に
虚偽記載容疑:大久保秘書を逮捕 東京地検
石川議員逮捕:通常国会目前の激震
石川議員逮捕:鈴木宗男氏に涙の電話

小沢幹事長宅前でもみ合い=自称右翼団体の男逮捕−警視庁(時事通信)
<火災>ビルの1室焼け、1人暮らしの70歳死亡 東京(毎日新聞)
<与那国町長>陸自部隊配備を要望 防衛相「検討課題」(毎日新聞)
小沢氏「国民の皆さん、理解してくれていると」 13日夜のあいさつ全文 (産経新聞)
ゾルゲ事件 宮城与徳の勲章、モスクワで発見 遺族に(毎日新聞)
[PR]
# by hdkjk5bkw4 | 2010-01-21 00:26

インフル第3の治療薬「ラピアクタ」発売へ(読売新聞)

 厚生労働省は、塩野義製薬のインフルエンザ治療薬ラピアクタ(一般名・ペラミビル)の製造販売を承認した。

 タミフル、リレンザに続く第3の治療薬の登場で、治療法の選択肢が広がる利点がある。早ければ今月中にも発売予定。

 ラピアクタは点滴薬のため、飲み薬のタミフルや吸入薬のリレンザを使用しにくい呼吸器疾患のある人や高齢者、状態の悪い人にも投与しやすい。15歳以上が対象で、基本的に1日1回約15分間の点滴を行う。

 15歳未満は、現在、同社が小児約100人を対象にした臨床試験の結果を受け、追加承認申請を行う計画だ。

外国人参政権「議員立法で」=原口総務相(時事通信)
<保育新制度>待機児童解消へ 都がパートタイムの親対象に(毎日新聞)
解散政党の寄付禁止を=法案再提出へ−自民(時事通信)
「覚せい剤打っていた」と逃走=女性死亡、ひき逃げ容疑で男逮捕−大阪府警(時事通信)
<虚偽記載>「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮(毎日新聞)
[PR]
# by hdkjk5bkw4 | 2010-01-19 16:14