バスガイドのお仕事

元試験委員に罰金=看護師試験漏えい−広島簡裁(時事通信)

 看護師国家試験の問題内容を試験委員が漏えいしたとされる事件で、広島区検は24日、保健師助産師看護師法違反罪で宮地浩子元試験委員(49)を略式起訴した。広島簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。
 起訴状によると、宮地元試験委員は昨年2月16日、副校長を務めていた広島県のJA広島厚生連尾道看護専門学校で、国家試験受験予定者17人に、実際の試験に出題予定のものに類似した問題62問を模擬試験として出したとされる。
 山口弘明JA広島厚生連代表理事常務の話 多くの方に大変ご迷惑をお掛けしたことを改めておわびする。信頼回復に向け努力したい。 

【関連ニュース】
もんじゅ再開へ申し入れ=試験運転計画書も提出

<大津波警報>青森県〜宮城県の三陸沿岸に 高さ1〜3m(毎日新聞)
<無免許はり治療>肺傷つけ死亡 院長ら逮捕 大坂(毎日新聞)
<ゴールドディスク大賞>洋楽はビートルズ 邦楽は「嵐」(毎日新聞)
次女殺害の元バチカン大使に有罪、妻は懲役刑(読売新聞)
インダストリアルデザイナー 皆川正氏死去(産経新聞)
[PR]
# by hdkjk5bkw4 | 2010-03-02 11:44

普天間移設問題 「県外」要求意見書 沖縄県議会が可決(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、沖縄県議会は24日午前、政府に対し県外移設実現を要求する意見書を可決した。県議の代表者が近く、首相官邸や関係閣僚に届ける考えだ。

 移設候補地の検討作業を続けている政府、与党に「県民の意思」を突き付けた形。同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ内に移設する「陸上案」など、浮上している県内移設案も牽制制(けんせい)する内容で、今後の政府側の議論や米国との交渉に影響を与えそうだ。

 鳩山由紀夫首相は24日朝、米軍普天間飛行場移設問題に関し「沖縄、米国ともほぼ同じタイミングで交渉、理解を求めるための努力を開始する必要がある」と述べ、沖縄県に配慮して米国との交渉を先行せず、並行的に交渉していく考えを示した。

【関連記事】
普天間移設めぐり閣僚間の調整不足露呈
あれもこれもダメ…社民、普天間移設問題で“袋小路”に
普天間移設先月内取りまとめ 官房長官「防衛相と合意していない」
小沢氏ねだる? オバマ米大統領との面会、実現可能性は
シュワブ陸上案で首相「米側に打診してない」 平野長官は沖縄再訪問

<長崎知事選大敗>「政治とカネ」影響 閣僚から発言相次ぐ(毎日新聞)
IFN添付文書の改訂内容を示した安全情報を公表(医療介護CBニュース)
雑居ビル9割超が違反=調理室の清掃不十分も−東京消防庁(時事通信)
埼玉男性殺害で地検、女を起訴=練炭自殺を偽装−千葉不審死も本格捜査へ(時事通信)
<野党>民主党の石井選対委員長「チベット発言」を一斉批判(毎日新聞)
[PR]
# by hdkjk5bkw4 | 2010-02-28 23:36

トヨタ社長の対応に苦言=米公聴会出席めぐり−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は19日の閣議後会見で、米下院の公聴会にトヨタ自動車の豊田章男社長が出席することについて、「結構なことだ」と評価した。その上で、「安全性という命にかかわる問題なので、しっかり対応するのがメーカーの責務」と強調。「(豊田社長が出席を決断するまでの)途中で二転三転し、出ないという話があったのは残念」と苦言を呈した。
 米国内でトヨタへの批判が収まらないことに対しては、「悲観していない」と指摘。「米当局ともしっかり連携しながら、日米間の良好な同盟関係を維持・管理していくのがわれわれの責務」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

結婚詐欺・連続不審死 殺人罪で木嶋容疑者起訴(産経新聞)
トーゴ、SS船籍剥奪(産経新聞)
【往復書簡】リクルート事件、2人のキーマン(産経新聞)
1月のPC出荷は4割増の84万台 「ウィンドウズ7」効果(産経新聞)
<都立広尾病院>USBメモリー紛失 患者138人分(毎日新聞)
[PR]
# by hdkjk5bkw4 | 2010-02-26 20:26

医師の指示で高度医療、「特定看護師」導入へ(読売新聞)

 経験豊富な看護師を活用することで医師不足に対応しようと、厚生労働省は従来の看護師より業務範囲を拡大した「特定看護師(仮称)」制度を新設する方針を大筋でまとめた。

 来月、厚労省の検討委員会が報告書に盛り込む見通しで、これを受けて、同省は来年度中に同制度のモデル事業を開始する。

 厚労省が検討委に示した素案によると、看護師としての実務経験が一定期間あり、新設される第三者機関から知識や能力について評価を受けることなどが、特定看護師になる条件。新たに可能になる業務としては、医師の指示があることを前提に、気管挿管や外来患者の重症度の判断、在宅患者に処方する医薬品の選定といった高度な医療行為を想定している。

 特定看護師」制度化厚労省は、モデル事業での検証を経て、新たな看護職を創設するための法改正に着手する。米国などでは、医師の指示なしで、一定の医療行為ができる「ナースプラクティショナー」という看護職があり、検討委でも導入が議論されたが、今回は、医師の指示を前提とした業務範囲の拡大にとどめた。

桜島 「ドカ灰」垂水市に集中 農作物の被害深刻(毎日新聞)
<雑記帳>声優の水樹奈々さんが「新居浜ふるさと観光大使」(毎日新聞)
<義足>風呂敷応用、安価に 島根の装具メーカーが開発(毎日新聞)
「橋下新党」旗揚げへ=統一選で、府・市再編争点に−大阪(時事通信)
<交通安全>日本のルールを覚えよう 外国人にセミナー(毎日新聞)
[PR]
# by hdkjk5bkw4 | 2010-02-25 19:12

悪質な家賃取り立てに罰則 賃借人保護法案を閣議決定(産経新聞)

 政府は23日、悪質な家賃の取り立てから住居の賃借人を保護する新法案を閣議決定した。今国会に提出し、来年6月末までの施行を目指す。

 法案では、大家や家賃の連帯保証業者が(1)滞納を理由に賃借人を脅迫(2)住居の鍵を取り換えて閉め出す(3)勝手に家具を運び出す−などの行為を禁止。違反した場合には2年以下の懲役または300万円以下の罰金を科すとした。

 また家賃の連帯保証業者や、賃借人の過去の滞納状況を検索できるデータベースを構築する業者を登録制とし、5年ごとの登録更新を義務付ける。これらの業者に対し国土交通相は、業務改善命令や業務停止命令を出すことができる。

 不況で収入を断たれ、家賃が滞る非正規労働者らが増える中、強引な取り立てをめぐるトラブルが敷金、礼金不要の「ゼロゼロ物件」などで多発、社会問題となっている。

【関連記事】
住んでもOK、副業にも最適 “お宝”競売物件に注目!
府税・府営住宅の未収金100億円超す 京都
「追い出し屋」被害者の会結成
五輪の陰で…増えるホームレス
暴力団員に退去求め提訴、山口の県営住宅

五輪フィギュア 高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)
93人を追加合格に=入試で正答間違える−日大(時事通信)
<民主党>石川議員の離党承認(毎日新聞)
「高校無償化」の留保撤回へ=国際人権規約で対応−政府(時事通信)
自民、佐藤ゆかり氏ら公認(スポーツ報知)
[PR]
# by hdkjk5bkw4 | 2010-02-24 11:46